てるてる鍼灸整骨院
てるてる鍼灸整骨院

脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症は加齢や疾患が原因となり、馬尾神経または神経根の通り道が狭くなり、神経が圧迫されることで歩行障害などの症状が発生する状態です。

脊柱管狭窄症の原因と症状

原因の多くは加齢に伴う組織が変性することが関係しており、神経の近くにある椎間板が膨らんだり脊柱管の後方にある黄色靭帯が厚くなったり、脊椎をつなぐ椎間関節に骨棘ができることで神経が圧迫されることです。
他にも腰椎の位置がずれる腰椎変性すべり症であったり、椎骨の間にある椎間板がはみ出す腰椎椎間板ヘルニアも原因の1つだと考えられ、骨粗しょう症や脊椎周辺にできた腫瘍が原因となるケースも少なくありません。

脊柱管狭窄症の主な症状には、歩くと足にしびれや痛みが出たり、こわばってきてしまうため休むと症状が落ち着くという間歇性跛行が特徴です。この症状によって長い距離を歩くことができず、歩行と休息を繰り返すことになります。

神経の圧迫が進むにつれて連続で歩行できる距離がだんだんと短くなっていき、症状が進むと安静にしていても痛みやしびれが出たり、会陰部に違和感を生じたり排尿や排便がしづらくなるケースも多いです。

脊柱管狭窄症でお悩みの方は当院にお任せください

ある程度しびれが生じると、日常生活に支障をきたすことも考えられます。
てるてる鍼灸整骨院は、患者様の未来にこだわり、患者様が抱える痛みを治療するだけでなく、今後痛みが戻らない根本的な治療を行っていきます。辛い症状は我慢せず、ぜひ当院にお任せください。

コロナウイルス対策実施中!

 

 

お得な情報はこちらからチェック!

 

 

てるてる鍼灸整骨院
営業時間

〒142−0053
東京都品川区中延5ー3ー8
伊豆屋ビル1F Link