てるてる鍼灸整骨院
てるてる鍼灸整骨院

ドライアイについて

日本では約800~2200万人がドライアイであるといわれています。
パソコンやスマートフォンの長時間の使用なども原因とされ、オフィスワーカーの8人に1人はドライアイともいわれており、年々増加傾向にあります。

ドライアイの症状

ドライアイとは、別名「乾燥性角結膜炎」とも言います。涙の分泌量が不足したり、量は十分なのに涙の質の低下により涙がすぐに蒸発したりなどの異常によって角膜が乾燥し、目の表面が傷ついてしまう病気です。

涙は角膜や結膜の細胞へ栄養を供給するのにも使われているため、ドライアイになることで角膜や結膜が傷付きやすくなります。

ドライアイという病名通りの乾燥感だけでなく、異物感や目の痛み、目の疲れ、目のかすみ、目が赤くなる、涙が出るなど、あらゆる慢性的な目の不快感を生じ、人によっては、目やにが多く出たり、目を重たく感じたりすることもあります。

ドライアイの原因

加齢による涙の分泌量の減少や質の低下、パソコンやスマートフォンなどのモニターを長時間見つめることによるまばたきの減少、コンタクトレンズの使用、空調による室内の乾燥が主な原因となっています。

血圧を下げる薬や向精神薬、抗がん剤により涙の分泌量が減ることも知られており、加齢によりまぶたのふちにあるマイボーム腺という脂を出す部位が詰まり、様々な症状に移行する場合もあります。

当院での治療

当院ではドライアイの患者様の多くの方の共通点として、現時点でほとんどの方が『大きな姿勢の歪み』を持っていますので、姿勢の歪みは筋肉の緊張を大きくし、その結果、虚血状態が続くと目にも大きな影響が出ます。

そのため体の歪みを正すために、当院オリジナルの『らくさすプログラム』を用い、自律神経の部分を含め目のツボを刺激するため当院では『鍼灸施術』も用いて、改善に向かって施術していきます!

てるてる鍼灸整骨院
営業時間

〒142−0053
東京都品川区中延5丁目3ー8
伊豆屋ビル1F