顔面神経麻痺について

顔面神経麻痺は、顔面神経が何かしらの原因によって傷つけられ、顔面の筋肉を上手く動かせなくなって発症します。

しかし実は、顔面神経麻痺の症状を呈する病の約60%は『ベル麻痺』と呼ばれる原因不明の特発性麻痺だと言われています。

顔面神経麻痺の特徴

顔面神経麻痺の症状の主な特徴は、

顔の片側全体が麻痺してしまい、目を閉じられない、口角が下がって唾液が溢れる、額にシワを寄せられない、麻痺側の聴覚が過敏になる、味覚障害、触られても感覚がない

などの症状が現れます。万が一かかった場合には早めに原因を探す必要があります。

顔面神経麻痺に対する治療

顔面神経麻痺は自然と治ることが多いと言われることもありますが、症状の程度や治療を開始する時期によって、治りが遅くなったり、後遺症が残ってしまったりする場合があるので、発症後二週間以内に治療を開始することが望ましいです。

病院での一般的な治療は、ステロイド剤や抗ウイルス剤、ビタミン剤などを投与する薬物療法や、星状神経ブロックなどの治療法が行われます。

鍼灸治療にいらっしゃる多くの顔面神経麻痺のかたは、病院での治療で治らず、発症後数ヶ月〜数年経過してからご来院下さる場合が多いですが、鍼灸治療によって本来持っている自然治癒力が高まり、麻痺した神経を修復し、血行改善によって強張った筋肉がほぐれることで、口角の動きや目の動きが改善されて喜ばれる方が多くいらっしゃいます。

顔面神経麻痺は当院にお任せ下さい

顔面神経麻痺は後遺症が残るほど危険な病気です。

当院では、皆様の症状に合わせた治療を行います。まずは一度当院に貴方のお悩みをお聞かせください。

初めての鍼で不安なこともあると思いますが、私たちがあなたのお悩みを改善させるお手伝いをさせて頂きます。

てるてる鍼灸整骨院は、あなたのご来院を心よりお待ちしております。